自転車操業ってこれなんだって実感しました

複数の消費者金融業者から借入れをしているうちになんだか慣れっこになってしまい、給料日に返済のためATMに直行する事態になってもあまり動揺しないようになっていました。しかし、結婚式などで出費が重なり、どうしても期日に返済ができないことが分かってしまった時がありました。いわゆる資金ショートの個人版です。どうしたのかというと、食費などの支出を削減することはもちろんですが、やはり消費者金融に頼り、自転車操業することで急場を何とか乗り切りました。具体的には、1週間金利無料の業者(A社)から借入れて当座をしのぎ、1週間経ったところで別の業者(B社)から借入れA社に返済し、次の日にA社から借入れB社に返し、を繰り返しました。死ぬかと思いましたが、今でも生きています。審査を通過しやすい消費者金融の落とし穴を飛び越える!

このページの先頭へ